チラシは、やり方次第ですね〜。

昔は、

宣伝広告と言えば

チラシがメインだったのですが

今は全く違ってきましたね。

手間、費用、が掛かるワリに集客効果が薄いという

最もダメなツールになりつつあります。

残念ながら・・・


おそらく、

後、10年もすれば紙のチラシはほとんど無くなるでしょう。

あ!

言い忘れました。

ここで言うチラシとは、

チラシ配布業者が、適当に郵便受けに入れる

ポスティングチラシの事です。


頻繁に入っていませんか?

ピザ屋さんのチラシや、

売りマンションのチラシ。

ここで言うチラシとは

そのようなチラシの事です。

ポスティングチラシはダメでも・・・

手渡しチラシは、有りです。

街中に立って、お店のお客さんになりそうな人に

直接、手渡しする方法ですね。

ハンティングとも言われています。


これなら、

お客さんになってくれそうだな〜と思った人に

直接アピールできますよね?

間違っても、お店に絶対来ない様な人に

チラシは渡さないと思います。


例えば・・・

ネイルサロンの場合ですと、

男性、おじいさん、子供、にはチラシは渡さないと思います。

ターゲットは、大人の女性なので

20代以上の女性に渡すと思います。


ポスティングチラシの場合、絶対にお客さんにならない人にまでチラシを配っているのです。

無駄ですよね〜。

チラシを1枚するのにもお金が掛かっているのに・・・

チラシの活用方法

チラシで集客するには、

ターゲット層に直接手渡す方法がベストですね。

後は、

お店を紹介してくれそうなコネクターと呼ばれる様な人に渡すとか。

いわゆる、顔の広い人ですね。


ポスティングは、あまりおすすめしません。

1万枚単位で配るなら、まだしも・・・

100枚ぐらい配ったからと言って

お客さんが来るとはとても思えませんからね〜。


チラシを刷るのにも多くのお金が掛かりますし・・・

の割には、集客効果が微妙なので。

費用が回収できないですしね〜。